七海ランナーの対処法

最近また、「七海ランナー」がなぜか勝っています。

規制前のものであればわからなくもありませんが、正直今のランナーは別に強くありません

 

何故そこそこ勝っているのかというと、それは対ランナーのプレイ、考え方を知らずカモられている人が多いからです。

遠くから来たのに、高い参加費を払ったのに、たかが1000円のデッキに負けてられますか?

数千円するGユニットを使うことも許されず負けてしまってバカらしくないですか?

正直上位にランナーが残った大会は見ていても、参加していても面白くありません。なので今回はランナー(手帳持ち)との正しい付き合い方を書こうと思います。

ちかみに僕は何度か当たってますが規制前から通算して数えるほどしか負けてません。最もランナーに弱いといえるナイトローゼですら6~8割ほど勝ってます。

 

 

○対ランナーの考え方

ランナーと対峙する場合、僕は特殊な考え方をしています。

ポイント制です。

まずこのポイント表を見ましょう

 

【加点】

1点入れる(+2)

vへのアタック1回(+1)

ツインドライブ(+1)

相手がジーナを使用(+1)

クリティカルを当てる(+2)

ドロー(+1)

ヒール(+2)

15000払ったら完全ガードになるvを4ノー(+1)

「相手がVを殴れないラインが生まれた」ダメトリ(+1)

意味のある1枚貫通(後述)(+1)

あいてのvに1枚貫通(+1)

リソースの増減が発生する効果の適用(+1)

Vに対して15000要求(+1)

ぶち抜く(+1)

 

【減点】

1点食らう(-2)

スピネルのラインが上がる(-1)

スラッシュシェイド適用(-1)

相手によるvへの攻撃(-1)

スケルトンまたはランナーをコストにしたナイトクロウ(-1)

プレゲトーンをコストにしたスピネル(-1)

相手のクリティカルが当たる(-2)

相手のドロー(-1)

相手のスタンドで横が15000要求になる(-1)

相手からの攻撃を2枚の札で止める(-1)

こちらのVからvへの攻撃を10000で蓋される(-1)

ぶち抜かれる(-1)

アシストする(-1)

G3に乗るのが遅れる(-1)

 

 

 

一般的な構築のランナーとの対戦においてはこのポイントの増減を競うことになります。

分かりやすくいうとゲームの終わりまでにポイントの収支が+なら勝ちです。

ただ、このポイントレースにもっていくことができるのはあくまで「こちらが継続的にvを殴り続けることをしていれば」となります。

たまにやたらと横を殴る人がいますが、横へのアタックはポイントの増減は発生しないものと考えています。何故なら適当に引いた札を置いてvを殴られたら意味がないからです。

一応、cbを与えなかったりスピネルを潰すことでスラッシュ使用、スピネルのライン上昇による減点は押さえられますが相手がこちらのvを殴ってきて減点しているのに対しこちらは加点出来ていないので収支は-です。

 

○プレイについて

まずはなによりも相手のvへ3パンをしましょう。

基本的な考え方として、相手の基礎的なアタックは通常3パンに加えてスラッシュ2回の2パンです。3パンをちゃんと返せばこの通常3パン分は相殺できます。あとはドライブやダメージのトリガー、ライン形成の差等でスラッシュ分を相殺しにいけば、基本的にトリガーを捲りやすいこちらが大きく不利になることはないといった考えでプレイしましょう。

ここで気を付けるのはvになるべく万を切られて蓋されないようにすること、ガード札を温存することです。

基本的に相手は5000要求もスラッシュ、スピネル以外では10000を切って止めてくる事が多く、横の5000要求と万要求の間に大きな差はありません。

しかしVを確定で止められてしまうと、クリティカルが当たる機会が失われたり、二点の加点があるあいてへの1ダメージの機会が奪われてしまいます。

これは相手もおなじなのですが、相手はクロウや10000ブースターでこの失点をしないよう殴ってくるため、こちらもVは当たるようにしておきたいです。

方法としてはfvを真裏に下げたり、ゲルギャ等の効果で相手のvに当てられるラインに組み替えることが有効となります。

僕はランナー戦はほぼfvはv裏です。

 

○ビビるな

僕が何故ランナーを弱いというかというと、規制前のランナーはランナー、クロウの複数使用によりスピネルのパンプやクロウで稼ぐアドバンテージという要素で通常のgbデッキでは追い付くことが困難なポイントを稼いできていたからです。

しかし今の主流のランナーの得点源は基本的にスラッシュで、クロウやランナーの着地が遅いこともあればスピネルが15000要求してくることもほぼありません。

スラッシュを使うだけならツインドライブをするだけで、トリガー期待値もこみでほぼ相殺です。それに加えこちらはヒールやドローといった一気に複数加点する要素もあれば、g3と完全や7000などで15000要求しやすいなどカードテキストに頼らずともランナーの加点を上回ることが難しくありません。

あと勘違いしやすい要素として「ゾディる」みたいな意味わからん言葉を多用してる気持ち悪いのが多いですが、実際のところチャッピーを切ったりランナー、クロウ、スピネルが落ちただけでは別になんの不利にもなってないので気持ちで負けないようにしましょう

 

とりあえずポイントの収支を意識して3パンすればかなり勝ちやすくなると思います

電池が切れそうなので終わり。追記するかもしれないです