実録 ヴァンガードに賭ける男たち

◼グレード3

勝利を呼ぶ英機 グランギャロップ×4
駆け抜ける英機 グランギャロップ×4

 

◼グレード2

宇宙勇機 グランドリフター×4
宇宙勇機 グランホーガン×4
宇宙勇機 グランバルゲル×3(追記 全部ダイバレストで)

 

◼グレード1

宇宙勇機 グランスカウト×4
宇宙勇機 グランザイル×4

イニグマン カーム×4

 

◼グレード0

宇宙勇機 グランホープ×2

運命の戦士 ダイ×1
宇宙勇機 グランビート×4
鋼闘機 グラスカッター×4
オペレーターガール リンカ×4
次元ロボ整備員 キャシー×4

 

◼グレード4

天を射抜く超神機 エクスギャロップ×3
超宇宙勇機 エクスギャロップ×4

超宇宙勇機 エクスタイガー×1

次元ロボ総司令 アルティメットダイキング×1
星葬のゼロスドラゴン スターク×1
エアーエレメント シブリーズ×1
大銀河超獣 ズィール×2

大洋変形 アトランティス・ドルフィン×1
超宇宙勇機 エクスカリヴー×1
豪勇合身 ジーオーファイブ×1

 

 

ギャロップです

めちゃくちゃ簡単なデッキです。vを上げて殴る。それだけ

超神機ギャロップの2~3超越、スタークを止め続けられるクランは存在しないと言ってよいです。

 

 

採用理由

⚪グレード3

まず勝利ギャロップは乗るだけでボーナス込みパワー4万が確定するため必須です。

エクスカリヴーと合わせて17kになること、単純に13000が地味に固く、絶対こっちに乗りたいです。

駆け抜けるはVが2回殴ると横で☆3とかになり、リンカやダイの兼合い、シシルス互換と合わせて勝利ギャロップを持ってきやすくするため4枚

 

⚪グレード2

まずリソース源になるドリフターとホーガンは確定。このデッキはVで殴れた回数だけチャンスがあるようなもんなのでドライブ増加とこいつらで札を増やしてターンを伸ばしにいきます。

残りの枠は一番ましだった抵抗単体17000のバルゲル

 

⚪グレード1

まずコストが4

完全ガードはカームです。グランモンクも強いですが、リンクにはまず抵抗をつけたところで手遅れ、かげろうにも広げてローレルを当てて4枚増やすのとそのために後列3枚置くのは大して差がなく、カームを一回拾えば埋まる差なのでカーム優先しました。

グランスカウトはバケモノです。倍って何ぞや

ヒール切ってたら初回で80000にして☆捲って完全なければ勝ちです

2回目以降はどうせ完全でしか止まらない数値になっているので無理に使う必要はないですが、相手の札が多く一回なら数値で止めてきそうだったりしたら希望を打ち砕いてやりましょう

 

 

⚪グレード0

損失なしでソウルインしつつvの打点を上げてついでにコストも回復するグランホープが他のどのG1よりもマシに見えるのでg1の枠で2枚

FVはシズクです。かげろうに使えて勝利に乗りやすくなりどうたら。

ぶっちゃけ今相当なことがない限りシズクが一番ましみたいなとこありますよね。よくねぇよくねぇ

トリガーは☆8スタンド4

まず☆1枚で勝ちの場面があまりに多く8以上のクリティカルは必須、リンカはスタンドというトリガーがあまりに弱いですが、損失なしで捲れば勝ちのカードが最大7枚も増えるので流石に採用です。ソウルにいくのも優秀

 

⚪グレード4

基本的に超神機連打です。3枚

エクスギャロップは超神機で表にしていって3超越目に選択肢になります

ダイキングは超神機4枚目より使う場面はあると思います。

ガーディアンはどれも似たり寄ったりですが必ずズィールとエクスカリヴー合わせて3枚は必須です。理由はヒールを3枚握れると2回目の王ハリーのベティループの要求を0に出来る場面が出てくるからです。

 

 

 

とても大雑把な説明になりましたが、大雑把なデッキなので仕方ないと思います

本当に札増やしながらvを強くして殴るだけなんですよ

妨害や連パンに強いしこのデッキの3超越を耐えられるデッキはほぼないと思うので個人的にはスターゲートの追加で一番評価が高いです

終わり